• Top Slide #0

About Us

日本語で利用可能

素晴らしいワインは、素晴らしいブドウ畑の精神を宿しています。同時に、ワインを素晴らしいものへと導くためには、思慮深さ、気配り、洞察力が必要です。ここでは、ワインメーカーのアキコ・フリーマン率いる少人数の献身的なチームが、ブドウの木からグラスに入るまでの全ての行程でワインを管理しています。この情熱的なチームのおかげで、フリーマンはニューワールドで最も高く評価される家族経営のワイナリーのひとつとしての地位を確立しました。

Great wines capture the soul of great vineyards. At the same time, thoughtfulness, care and vision are required to guide wines to greatness. At Freeman, a small, dedicated team led by winemaker Akiko Freeman shepherds each wine from vine to glass. This passionate team has established Freeman as one of the New World’s most acclaimed family-run wineries.

Akiko Freeman アキコ・フリーマン

Winemaker ワインメーカー
Akiko Freeman profile photo

A native to Tokyo, Akiko attributes her love of wine to her grandfather, whose influence imbued her with a lifelong passion for the enigmatic beauty of great Pinot Noir and Chardonnay. After earning her master’s degree in Italian Renaissance art history from Stanford in the mid-1990s, Akiko traveled throughout Europe and as far as South Africa to explore the great winemaking regions of the world. Returning to California in 1997, she worked with Ken to realize their longtime dream of establishing a small, family-run winery dedicated to crafting expressive, cool-climate California Pinot Noir and Chardonnay.

Today Akiko’s gifted palate guides every Freeman wine, every vintage. When she and Ken founded Freeman Vineyard & Winery in 2001, she immersed herself in the world of viticulture and winemaking, and apprenticed herself to renowned winemaker Ed Kurtzman. Akiko now oversees every aspect of Freeman’s winemaking program, from the organic farming of the estate vineyards and the selection of grower partners to fermentations, racking, lot evaluations and blending. Her vision and refined palate have positioned Freeman as one of the great benchmarks for cool-climate New World wines, while establishing Akiko as a winemaking talent in her own right.

東京生まれのアキコは、祖父の影響でワインを愛し、ピノ・ノワールとシャルドネの解きがたい美しさに生涯をかけて情熱を注ぐようになりました。1990年代半ばにスタンフォード大学でイタリア・ルネッサンス美術史の修士号を取得した後、世界の偉大なワイン生産地を探索するためにヨーロッパ各地、そして南アフリカまで旅をしました。1997年にカリフォルニアに戻り、夫のケンと共に、カリフォルニア冷涼産地の表情に富むピノ・ノワールとシャルドネを造ることを目的とした家族経営の小さなワイナリーを設立するという長年の夢を果たしました。

今日では、アキコの天与の鋭い味覚がフリーマンの全てのワイン、全てのヴィンテージの方向付けをしています。2001年にケンと一緒にフリーマン・ヴィンヤード&ワイナリーを設立した時、彼女はブドウ栽培とワイン造りの世界に没頭し、著名なワインメーカーであるエド・カーツマンに師事しました。現在は、所有畑での有機栽培やパートナーとなるブドウ栽培者の選定から、発酵、澱引き、ロットごとの出来の評価、ブレンドに至るまで、フリーマンのワイン造りのあらゆる行程をアキコが監督しています。彼女の洞察力と洗練された味覚により、フリーマンは冷涼気候のニューワールドワインの偉大なベンチマークのひとつとなり、彼女自身もまた才能溢れるワインメーカーとしての地位を確立しました。

Ken Freeman ケン・フリーマン

Proprietor オーナー
Ken Freeman profile photo

Ken fell in love with wine while growing up in Scarsdale, N.Y. as part of a wine-loving family. He met Akiko in 1985 and soon discovered that they shared a passion for Bungundian-style wines. After earning an M.B.A. in international business from the Kellogg School of Management at Northwestern University, Ken helped establish the Discovery Channel in Asia. Whenever possible, Ken and Akiko traveled to the world’s great winegrowing regions and dreamed of one day producing their own cool-climate Pinot Noir and Chardonnay.

In 1997, Ken became the director of business development for CNET in San Francisco. Living in close proximity to California’s North Coast inspired the Freemans to set their winery plan in motion, and they began a search for grower partners and vineyard properties in the Russian River Valley and Sonoma Coast regions. Meanwhile, Ken transitioned into investment banking, working with Citigroup, UBS and he is now spearheading BNY Mellon’s wealth management business in Napa and Sonoma, along with covering private equity funds. He and Akiko finally realized their dream in 2001, when they established Freeman Vineyard & Winery.

Ken has since become a jack-of-all-trades, managing the winery’s estate vineyards and rolling up his sleeves to help Akiko in the cellar. He is also a founding member of the West Sonoma Coast Vintners association and is on the board of the Sonoma Land Trust, helping to preserve the region’s precious natural, agricultural and open landscapes.

ケンは、ニューヨーク州スカースデールでワイン愛好家家族の一員として育ち、ワインの魅力にはまりました。1985年にアキコと出会ってすぐ、ふたりが同じ情熱を持っていることに気付きました。ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院で国際ビジネスのMBAを取得した後、アジアでのディスカバリーチャンネルの設立に貢献しました。ケンとアキコは可能な限り世界の偉大なワイン生産地を訪れるうち、いつか冷涼気候産地のピノ・ノワールとシャルドネを自分たちで生産することを夢見るようになりました。

1997年、ケンはサンフランシスコのCNETの事業開発担当ディレクターに就任しました。カリフォルニアのノース・コーストに近い場所に住んでいたことがきっかけで、夫妻でワイナリー事業計画をスタートさせ、ロシアン・リヴァー・ヴァレーとソノマ・コーストで、パートナーとなるブドウ栽培家と畑の物件探しを始めました。その一方、ケンは投資銀行業に転身し、シティグループ、UBS、ナイト・キャピタルで働きました。そして、2001年にフリーマン・ヴィンヤード&ワイナリーを設立、ついに夢を叶えました

それ以来ケンは、ワイナリーのエステート・ヴィンヤードを管理し、セラーではアキコの手伝いをするなど、多岐にわたって才能を発揮するようになりました。また、ウエスト・ソノマ・コースト・ヴィントナーズ協会の創立メンバー、ソノマ・ランド・トラストの理事も務め、この地域の貴重な自然、農業、広大な景観の保護に貢献しています。

Ed Kurtzman エド・カーツマン

Consulting Winemaker コンサルティング・ワインメーカー
Ed Kurtzman profile photo

Over the course of his storied career, Ed Kurtzman has earned acclaim as one of California’s most sought-after consulting winemakers. As a Pinot Noir and Chardonnay specialist, Ed is known for crafting elegantly structured wines that fuse his intimate understanding of cool-climate viticulture with a gentle, small-lot approach to winemaking.

Ed began his Pinot Noir and Chardonnay journey at Bernardus in the early 1990s. In 1995 he became the enologist and assistant winemaker at Chalone Vineyard, where he honed his craft working alongside Dick Graff and winemaker Michael Michaud. Within a few years, Ed was named the winemaker for Testarossa Vineyards, where he developed the winery’s Pinot Noir program. He became Freeman’s founding winemaker in the early 2000s and discovered a kindred winemaking spirit in Akiko. Ed spent the next decade teaching her the art of winemaking as the two developed Freeman’s portfolio of wines together. While his talents have since helped to shape the wines of such producers as Roar and his own August West and Sandler brands, Ed remains an integral part of the Freeman team.

エド・カーツマンは、その長いキャリアの中で、カリフォルニアで最も人気のあるコンサルティング・ワインメーカーのひとりとして高い評価を得てきました。ピノ・ノワールとシャルドネのスペシャリストであるエドは、冷涼気候のブドウ栽培への深い理解と、小ロットの穏やかな醸造へのアプローチを融合させた、エレガントで骨格のあるワインを造ることで知られています。

エドは1990年代初頭にベルナルドゥスでピノ・ノワールとシャルドネづくりの道を歩み始めました。1995年にはシャローン・ヴィンヤードのエノロジスト兼アシスタント・ワインメーカーに就任、ディック・グラフやワインメーカーのマイケル・ミショーと共に腕を磨きました。数年後には、テスタロッサ・ヴィンヤードのワインメーカーに就任、ワイナリーのピノ・ノワールプログラムを開発。2000年代初頭にフリーマンの創設者に就任した彼は、アキコの中にワイン造りの精神を見出しました。エドはそれからの10年間、彼女にワイン造りの技術を伝授し、共にフリーマンのポートフォリオを開発しました。エドの才能はその後、ロアーや自身のブランドであるオーガスト・ウェスト、サンドラーなどのワインを形とすることに発揮されてきましたが、彼は今でもフリーマンのチームに欠かせない存在です。

Jessica Gengler ジェシカ・ゲングラー

Director of Hospitality ホスピタリティ・ディレクター
Jessica Gengler profile photo

Jessica grew up in Oregon, surrounded by a strong agricultural community. Despite graduating from Linfield College, home of the famed International Pinot Noir Celebration, wine was not her first calling. She started out in the Brand Design department at Nike before joining the wine industry in Oregon’s renowned Willamette Valley. She went on to manage direct-to-consumer (DTC) and operations for two prominent Oregon wineries, Dobbes Family Estate and Solena and Grand Cru Estates. After making the move to Sonoma County, Jessica found her new home at Freeman Vineyard and Winery. Today, she works side by side with Ken and Akiko Freeman to manage the winery’s operations, DTC sales and hospitality.

ジェシカはオレゴン州の農業の盛んな地域に育ちました。かの有名なインターナショナル・ピノ・ノワール・セレブレーションの開催会場であるリンフィールド・カレッジを卒業したものの、ワインは彼女の最初の職ではありませんでした。ナイキのブランドデザイン部門から職歴をスタートした後、オレゴンの銘醸地ウィラメットバレーのワイン企業に入りました。その後、ドッブス・ファミリー・エステートとソレナ・アンド・グラン・クリュ・エステートという2つの著名なオレゴン州のワイナリーで消費者へのDTCとオペレーションを担当。ソノマ・カウンティへの移住後、ジェシカはフリーマン・ヴィンヤード&ワイナリーに新たな居所を見つけました。現在は、ケンとアキコ・フリーマン夫妻と共にワイナリーの運営、お客様向けの販売とサービスの業務を担当しています。

Freeman

We’d be honored to have you as part of our family.

If you’d like periodic updates and access to our limited-availability wines, click below to sign up:

Sign Up Here!

Drink Well and Do Good with Friends of Freeman LEARN MORE
フリーマンの友達とよく飲んで良いことをする もっと詳しく知る